許されようとは思いません

著・芦沢央

 

個人的に好きなタイプの、陰湿な内容()ではあったんだけど、どんでん返しがあるわけでもなく、ただ気味悪いストーリー展開で、王道といえば王道という感想。

でも、「シリアスで王道な本が読みたいな」と思ったときに限って、ありそうで見つからなかったりするから、なんとなくいつも欲求不満だったんだけど、ちょうどいい後味の悪さを感じられて良い。

一番好きだったのは「絵の中の男」で、最後にゾッとしたのは「ありがとう、ばあば」。

 

作家さんの名前なんて読むの?と思って調べたら、「あしざわよう」って読むんだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です